人気の特集

カテゴリ

ゲーム
966円 新しく着き エスプリーク アクアリー スキンウェア 限定色 ウォームピンク ケースセット
966円 新しく着き エスプリーク アクアリー スキンウェア 限定色 ウォームピンク ケースセット
Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
材質により仕方がないのか、又は梱包期間が長いのか、開封して防雪用に設置したが折れ癖が直らない。設置して1週間たつが変わらず。もう少し柔らかい素材では不可能なのでしょうか。
3 - "2" by, に書かれています
このカラーは思った以上に照度が低かったです
3 - "3" by, に書かれています
星1つも付けれません。なぜなら50枚入って書いてるのに、48枚しか入ってないし、色も全然違います。これなら400円でも高いし、詐欺にあった気分です!
1 - "4" by, に書かれています
シートの紐が短すぎて結びにくいです。紐だけ付け替えて使おうかと思います。
2 - "5" by, に書かれています
ワイヤーのリールもしっかりしていて、ぶら下げた状態にできるストッパーも使い勝手がよい。鉄筋の写真を撮るためのデジカメをぶら下げて、もうひとつは黒板消しをつけて使っています。ただ、ベルトの上から装着できないのは痛かった。
4 - "6" by, に書かれています
とても曇る。この商品を購入するなら違う商品を購入した方が良いです。
1 - "7" by, に書かれています
前作のX800との比較です。進化しています。悪くなったところはありませんが、惜しい点が一つだけ。X810で良くなった点?ゴム臭低減?ゴム柔らかくなって快適フィット?フローティングレンズとフレームの隙間が狭くなってBB弾貫通リスクが減った?こめかみのバンド取り付け部根本の幅が薄くなり、バリケから覗くときに薄く出れる?フレームが薄くなり、レンズが顔面に近づいた結果視野が少し広くなった?交換レンズに種類が増えた?交換レンズがちょっと安くなった?バンドが取り外し出来る惜しい点?X800で、バリケから薄く狙う時に邪魔だった両目の間の縦の棒のフレームが今回はなくなった!!が、、、X810では全体にサイズがコンパクトになり、結果的にレンズ、及びフレーム前面の面積が小さくなり、、、両目の間、鼻とおでこの間のレンズの幅が、非常に狭い。結局は今回も過去のX800同様に、薄く狙うとこの鼻の部分のフレームが視界を遮ってしまいます。鼻とおでこの間が狭いのは見た目はシャープで格好いいのですが、、、他が完璧なだけに、惜しい。
3 - "8" by, に書かれています
1)よく切れます。回転刃と受刃がシャリシャリと擦れる音が心地よい。葉の切り口はハサミで切ったようにきれいです。芝刈機の価値は、とにもかくにも切れ味で決まります。2)これまで使っていた機械(同じくキンボシ製)は集草器が機械の前だったので、今回は後のものにしてみました。まあどっちにしても家側の四隅は結局刈れませんので、同じようなものですね。3)リール式の特性上、刈った葉は集草器の左側に出てきます。出てきた葉を受け止めるには、集草器の左側はもう少し高くなっていると良いのになあ、と思います。集草器の左側に厚手の紙でも貼って、壁を高くしようかと考えています(ちょっとこぼれてしまうんです)。4)機械の重量はそれなりにあります(7.8㎏)。まっすぐ押している分には何の問題もありませんが、方向を変えたり、障害物をよけたりしようとするときは、重いかな、と感じます(今まで使っていた機械が軽かったので、相対的な感覚です)。5)刈り高のセットはワンタッチ式ではありません。左右の6角頭のネジを緩め、6角の穴(刈り高は5段階)にセットし直すという方式です。この穴が見えづらいんです。全面真っ黒なので。6)これまでの機械は4年使いました。(今回の機械の半値くらいの、普及品とでもいうのか、、、) 研磨セットを使い、年に2,3回は研磨してきたのですが、いよいよ切れなくなったので、今回買い換えました。寿命を年数で言うのは適切ではないですよね。使用頻度によって大きく変わるでしょうから。私は春、秋は週1回くらい、夏場は週2回くらい使ってきました。ざっくり計算すると、150回くらい使ったことになりますかね。 芝刈機は、梅雨をどうやり過ごすかが大事だと思います。春先は、多少切れが悪くても何の問題もありませんが(芝がまだ疎の状態ですから)、梅雨時になると、10日、2週間と芝刈りが出来ない日々があったりします。その間に芝は一気に成長します。刈り高を高めに設定し直しますが、密になって成長した芝は、余程切れる機械でないと、葉を無理矢理引きちぎるような形になってしまいます。 当機も、できれば研磨セットなど使わなくても、長期間使えることを期待しています。さて、どうなりますか。
4 - "9" by, に書かれています
まだ4、5回しか履いていませんが、商品の宣伝文句どおり生地や縫製は強靭な感じがします。洗濯後の糸のほつれも出てこないですし、多少足裏部分に毛羽立ちも出ますが、気にならない程度です。個人的には、踵部分の丈が短か過ぎないのがとても良いです。私はここの丈が短いと、靴の上縁の部分で擦れてすぐ出血してしまいますので、このタイプの靴下をネット購入するのは向いていないのですが、この商品はキッチリ踵が覆われましたので喜んでいます。あと1~2cm丈が長いと最高なんですが。さらに、私は足の指も長いので、大概の商品は短くて合わずに困ることが多いのですが、この商品は十分な指丈がありストレスを感じません。色味やデザインも気に入っていますので、今回購入分がヘタッたら、またリピートするかと思います。ただ、夏季に購入してしまい、レビューするため履いていますが、夏季向きの商品ではないかと???。
5 - "10" by, に書かれています
仕事柄、電気コード等を巻いたりするのにも使用します。グリップ力というより手に馴染みつつ作業もできる所が良いです。Sサイズがあって助かります。
5 - "11" by, に書かれています
マキタとRYOBIは同じ刈り込み幅(160mm)、ストローク数(1250回/分)だが電圧が異なる■刃の鈍りやすさ両製品とも、鈍るととたんに切れなくなる。(リョービには研磨セットがオプションであるのでこれをマキタにも使える)リョービの方が鈍るまで時間がかかる気がする。刃の形状(角度)、長さが異なるためこの違いが出ているのかもしれない。マキタ=ほぼ直立で長い刃リョービ=かなり寝ている短い刃■パワーストローク数は同じだが、やはり18Vのリョービの方がトルクがある感じ。比較しても意味が無いかもしれないが、18V機のパワーだと多少刃が鈍っていてもひきちぎってしまうので、芝の断面が白くなってしまう。■安全ボタンリョービの方が細く、片側(右手操作ありき)にしかない。マキタは両方、太いので断続的に使う場合はマキタの方が楽、リョービは親指が痛くなる。あとスイッチが戻ってくるときのカキョンという音がうるさい。これがマキタ並なら★5■グラスレシーバー意外と使える。傾斜面での芝刈りではありがたさが出てくる。■際刈りガード刈りにくくなるので原則外している。■重さリョービにはインパクトの6,000mAh をつけているので重い重い1,500mAhなら1.35kg なので、それほど重さは感じないのかもしれない。マキタは軽い。■軸刈りのしやすさリョービは刈込み高さ調節:10?15?20?25mmでマキタもほぼ同じだがマキタがベースフレームが本体前方に伸びているのでお辞儀しにくく軸刈りリスクが低い。リョービはグラスカバーの底面基準なのでお辞儀しやすい=軸刈りアクシデントが起きやすい。
4 - "12" by, に書かれています
植物のミストに使用していました。1分ON、30分OFFに設定し、日によっては1時間OFF、2時間OFFと切り替えて使用していました。使用開始から5か月ほどでタイマーが動作せずON状態のままになりました。電池を交換してもON状態のままでした。短い時間が設定できるので気に入っていましたが、値段も安くないのに、5か月で壊れるのは早すぎます。
1 -

BOOTHに作品を出品しよう!

BOOTHなら、販売手数料0円、たったの10分
ネット通販をはじめられます!

もっとくわしく